« 2008年8月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年9月

2008年9月 8日 (月)

ご入浴ありがとう御座いました~

昨日OTODAMA'08終了。これもひとえに皆さんのおかげだと本気で思ってます!本当にありがとう御座いました。「よし、レポートしよう!」と思ったら・・・FM802さんの「ROCK THE SUMMER」チームがステキなレポをアップしてくれてました→http://funky802.com/rockthesummer/blog.php?p=otodama

 これかなりイイですね!リアルタイムレポ出来てない分、もの凄く助かってます。802さんありがとう!なので、僕のレポはもう無しでもいい・・・・のですが、終わったから言える話もあるので、やっぱり少し書かせてください。

 昨年終わった時に楽屋で、ある先輩に「オマエがもうちょっと楽しそうにせなアカンわ~」と言われました。実際楽しい反面、やってる最中は「緊張」と「小心」と「疲労」と「睡眠不足」、おまけに必死な為「確かに顔がこわばってたんだろ~なぁ」、とその時思いました。自分がそんな顔してたら、身内はもちろん、アーティストの皆さん、はたまたお客さんまで伝わってしまうのでは?と、思い自分的今年のテーマは「楽しむこと!」これに徹しようと。

 と、言いながらパンフにも少し書きましたが、今年は当初やりたいことがつまずいて、妄想(これをいかに現実に近づけるかがはじまりなので)が沸かなかったのです。それもあって発表が遅れました。正直「100%納得出来るイベントにする自信」が無かったのです。イベントをやる時は、「お客さんと、出演者の皆さんに損をさせてはいけない」、しかしその自信が無かったのですね。そんなことを迷ってたら「待っててくれるお客さん」と「出たい」と言って頂ける出演者の方に背中を押して頂いて・・・ギリギリで開催を決めました。しかし「やる」からには、やっぱり納得できるものを作らないといけない。開催決定が遅れた分、今年は4回目にして準備の余裕が一番がありませんでした。

 でも、そんな状況でさえも「楽しもう!」と開き直りました。また(×100)プロレスネタで申し訳無いですが、A・猪木の言葉に「風車の理論」というのがあります。文字通り「風を受けても返す」ということ。「ピンチをチャンスに変える」「逆境こそ何かが見える」という意味です。そう思うと、凹む要素も「やったるで~!」というパワーに変えれるということです。人間が弱いので、今まではとてもそんな気持ちになれなかったり、無理やりそう思い込んでたり。今年は開催発表からしばらくして「全てのことを楽しもう」と自然に思えました。もっと正直に言うと、開催発表が遅れ、キャスティング発表が遅れ、焦りは半端なかったのですが「絶対当日来て貰えれば後悔しないものにする!」という“闘魂”が沸いてきたのです。間接的ですが、そんな中8月にサザンの日産スタジアム見に行って(ちなみに桑田さんも、スクービーの小山君も猪木信者!ステージングは猪木イズム入りまくってます)あまりの凄いライブとサービス精神に「過剰を超えたモノが人の心を動かすのだ~」と思わされたことも大きかったです。かなり影響されました。

 触れたくないけど敢えて触れます(ご批判は甘んじて受けます)が、一週間前に1枠空いてしまった時は去年までの自分なら終わってました。実際かなり凹んだのも事実ですが、それも「風車の理論」で、「別の形でお客さんに提示しよう」と、そして同時に不謹慎ですが「楽しむ要素」にしようと。自分がそう思わないとお客さんに楽しんで貰える筈がないと思って。そして、スクービーのメンバーにRUSH BALLライブ終了後に頭を下げました。でも実際、案と場所は作れてもお客さんに対等して頂くのは僕ら素人では無くてアーティストです。スクービーのみんなが、その場で快く引き受けてくれた時には「この恩を一生かけて返そう」と思いました。中身をつめて、プレイしてくれるのは彼らです。参加頂けたボーカリストの皆さんにも本当に感謝しました。何より嬉しいのはここに参加して頂いた皆さんが半端なく「楽しんで」演奏してくれたこと。

 去年、サンボのライブに民生さんがゲストに出た時アンコールで1曲「イージュー☆ライダー」をやりました。あまりに楽しかったお客さんは誰も帰らず再度アンコール。でも、曲は無いし(セッションってプロの方達でも簡単にはできないんですね)、しかしお客さんは帰らないし・・・慌ててバックステージに行ったらサンボと民生さんが相談中。民生さんの「いぃじゃん、おんなじ曲で!」の一声で、再び「イージュー~」を演奏。ちょっと反則(笑)ですけど、この時のサンボと民生さんが底抜けに楽しそうだったのです。「いたずらっ子」の顔。やってる方がこれだけ楽しければ見てる方も楽しい!

 今回の「FUNKY3」は予定外でしたが、アーティストのそんな「楽しさ」が存分に出ていたと思います。ちなみにスクービーの3人でリハは出来ますが、それ以外は正に「ぶっつけ」です。そんな負担が大きい状況さえ「楽しんでしまえる」アーティストの「強さ」や「ふところの深さ」を感じました。こんなアーティストの皆さんと出会えて、僕らは本当に幸せだと思いました。(これ今見つけて・・・(泣)→http://d.hatena.ne.jp/MOBY/20080907

 「楽しむ」と決めたので、今年はバックステージから出て、出来る限りライブを見てまわりました。正直全部を見れた訳ではありませんが、みーんな期待以上の演奏をしてくれていました。出て頂いて後悔したバンドは1組もありません。

 箇条書きになって申し訳ないですが・・・開場前地元の和太鼓・皷聖泉の皆さんが「迎え太鼓」をやって頂けきました。僕、和太鼓は素人ですが迫力凄かったですね。眠気も吹っ飛びましたね。朝早すぎる出番で、嫌な顔ひとつせず演奏してくれたおとぎ話、これまた朝早くから途中セッション、余興、セッチューテント、最後の湯上りDJまで頑張ってくれたフラワーカンパニーズ(この日1日で最多出場)、ユルイながらもより力強くなったbonobos、昼間なのにトリップさせてくれた凛として時雨、ず~と「出たい」と言ってくれていてやっと叶った藍坊主、去年の夜も良かったけど昼間でももはや関係ないこのイベントの若手バンド筆頭になりつつある「THE BACK HORN」、「変態&POP」monobrightも熱い演奏でした。「休憩タイム」は最初から休憩にするつもりは全く無くて、「スイカ割り」と称して1曲披露してくれたワタナベイビーさん(OTODAMA初年度「大阪城野音で先行手売りチケット販売!」というアホな企画にも力を貸してくれました・泣)、「BOYZ OF SUMMER」の宣伝を無性にしたくて、実際来て頂けたBEAT CRUSADERSの皆さん(BOYZいよいよ今週ですね!夏フェス最後、僕も行きます!皆さんも是非ご一緒に~)。ちなみに、このコーナーの司会だけで当初MOBYは来て貰うはずだったんですが・・・。やっぱりでも「熱湯コマーシャル」だけビジョン欲しかったですね、ネタが細か過ぎますね、来年スポンサーさんついてくれたら考えてみよう(全く意味無いんですが、お風呂の中は本当に熱湯、おまけにバスクリン入り!)。後半は運悪く突然の夕立ちにもめげず演奏を止めなかった、そして雨を味方にしてしまったtobaccojuice、年々アーティストとしてたくましくなっているカエラちゃん、「清水音泉!」とアホみたいにコールしてくれたキャプテンストライダム、フェニックス名物「夕焼けタイム」に抜群の演奏を聴かせてくれた斉藤和義さん、狂気とダンスの融合で露天風呂を沸騰させてくれたスパルタローカルズ、世界に誇れる(?)日本にしか有り得ないロックバンド、言いたいことを全て代弁してくれた「サンボマスター」、そして前述した「代打屋FUNKY3」、半ば無理強いした為か恐縮しながら、しかしトリに相応しい演奏をして頂けた民生さん、アンコールは当初これも前述した「サンボとの感動をもう一度」と思いつつ、残って頂いてたアーティストの皆さんに当日お声かけしたらみなさん出て頂けることになりました。「数人かなぁ」と思ってたのでマイクが足りませんでした(汗)。自分なりに“沸騰ポイント”は数え切れないくらいありましたが、この瞬間は夢見てるみたい、サンボ山口君の言葉を借りると「終わりたくない」数分間でした。

 あとテントで勝手に(?)やってくれた「SET YOU FREE」、「ライブハウステント」の皆さんも盛り上げてくれてありがとう御座いました。そいえば、去年大浴場に出て頂けたトモさんやシガキ君には結局会えなかったのは残念。。。湯上りDJ(これはしかしDJと言っていいのか?)には後で知ったのですがグレート以外に和義さんやソウルフラワーの奥野さん達も出て頂いてたと聞いてびっくり?皆さん勝手に遊び過ぎ(笑)

 みーんな、今年も最高でしたね。幸せでした。書き尽くせないです。

 毎年思いますけれど、やっぱりやって良かったと思いました。来年以降も“続けさせて頂ければ”と思います。「待って頂けてるお客さん」と、「出て頂けるアーティスト」が居らっしゃる限り。「音楽を本気で楽しむ」お客さんと、アーティストが居る限り。

 これも毎年のことですが、この場を借りてお礼をしたい方もいっぱいいます。

 1日ゴミ回収をやって頂いた地元JCボランティアの皆さん、暑い中1日誘導や対応をして頂けた警備やアルバイトの方、ボランティア学生の皆さん、大人ボランティア(友達)の皆さん、地元広報や準備中に黙々と水抜きをして頂けた泉大津市と大阪府港湾局の皆さん、消防、警察の皆さん、宣伝して頂けた各媒体関係者の皆さん、当日回収した「ペットボトルをTシャツに変える」話しを持ってきて頂けたREENALさん(来年のTシャツは、今回のペットボトルが変身してるかもしれません)、グッズ作ってくれたキャピタルレディオワンさん、舞台監督ハードゲイさん、ステージ、PA、照明、テント、バリケード、トイレを作って頂けたスタッフの皆さん、花火屋さん、飲食関係者の皆さん、グリーンズのリッキー、お風呂まで用意してくれたフィクサーOK本さん、ギリギリでパンフ作ってくれたぴあさん・・・関わって頂いた方が多すぎて書ききれませんね。とにかく皆さんに今年も感謝。

 そしてなにより、やはりお越し頂いた皆さん!初めての方も、そうでない方も本当に有難う御座いました。相変わらずダメなとこも未熟な僕らには山のようにありますが、今年もやって「後悔しないイベント」にはなった気がします。皆さんは1日どうだったでしょうか?後悔してなければなによりです。  

 最後にそんな「感謝」の言葉しか言ってはいけない皆さんにずうずうしくも2つお願いが。

 その一、もしこの日初めて知って心に引っかかったライブがあれば、是非ワンマンライブに足を運んでください。それがアーティストと僕らの唯一の願いだったりします。

 その二、来年もお互い元気でフェニックスでお会いしましょう!

 お粗末ながらイベント後記とさせて頂きます(清水音泉・番台)

|

2008年9月 7日 (日)

湯あがりDJ:グレートマエカワ

Maekawa

最初に入浴を発表したグレートマエカワによる湯あがりDJ。
祭りの後の余韻にひたりつつOTODAMA'08の夜は更けてゆくのでした。

|

拾四の湯:奥田民生 アンコール

Encore
EN.イージュー☆ライダー(w/)

|

拾四の湯:奥田民生

Okudatamio

セットリスト

1.マシマロ
2.カイモクブギー
3.SUNのSON
4.スルドクサイナラ
5.愛のボート
6.イナビカリ
7.快楽ギター
8.無限の風
9.さすらい

|

拾参の湯:代打屋FUNKY3

Daidayafunky3

セットリスト

1.トラウマティック・ガール
2.Ride On Time
3.JODAN JODAN
4.今日はなんだか
5.夕焼けのメロディー

|

拾弐の湯:サンボマスター

Sambomaster

セットリスト

1.青春狂騒曲
2.光のロック
3.愛しさと心の壁
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.そのぬくもりに用がある

|

拾壱の湯:スパルタローカルズ

Spartalocals

セットリスト

1.トウキョウバレリーナ
2.UFOバンザイ
3.JET JUICE
4.THE CLUB
5.チャランボ
6.パレード
7.ばかやろう

|

拾の湯:斉藤和義

Saitokazuyoshi

セットリスト

1.I LOVE ME
2.Hey! Mr.Angryman
3.やぁ 無情
4.歌うたいのバラッド
5.幸福な朝食 退屈な夕食
6.ベリーベリーストロング~アイネクライネ~
7.歩いて帰ろう

|

九の湯:キャプテンストライダム

Captain

セットリスト

1.ガラクタ
2.CHERRY BOY
3.ペラペラ
4.ペケペケ
5.新曲
6.キミトベ
7.マウンテン・ア・ゴーゴー

|

八の湯:木村カエラ

Kimurakaera

セットリスト

1.STARs
2.リルハ リルラ
3.+1
4.Circle
5.マスタッシュ
6.Yellow
7.TREE CLIMBERS
8.Magic Music

|

雨が…!?

Rain02

あがりましたsun
雨に負けずにさらに盛り上がる会場の熱が
ステージ裏にも伝わってきますupup

|

七の湯:tobaccojuice

Otodama08_011

セットリスト

1.幸せの海
2.ミラクル
3.ガーベラ
4.ダイヤモンド
5.幻メルヘンシティー
6.パーティーブルース

|

雨が…

Rain01

降ってますrain
盛大に…

|

湯休み:BEAT CRUSADERS

Beatcrusaders

セットリスト

1. TIME FLIES, EVERYTHING GOES
2. HIT IN THE USA
3. OLGADIES
4. FOOL GROOVE
5. CHINESE JET SET
6. CUM ON FEEL THE NOIZE

|

湯休み:熱湯コマーシャル

Hotcm

清水音泉といえば、熱湯はあたりまえspa
ということで…レッツ熱湯コマーシャルsign03

|

六の湯:monobright

Monobright

セットリスト

1.あの透明感と少年
2.未完成ライオット
3.旅立ちと少年
4.WARP
5.頭の中のSOS
6.R+C

|

伍の湯:THE BACK HORN

Thebackhorn

セットリスト

1.覚醒
2.罠
3.白夜
4.声
5.ブラックホールバースデイ
6.刃

|

四の湯:藍坊主

Aobouzu

セットリスト

1.ハローグッバイ
2.深く潜れ
3.桜の足あと
4.言葉の森
5.ジムノペディック

|

参の湯:凛として時雨

Otodama08_005

セットリスト

1.鮮やかな殺人
2.想像のSecurity
3.DISCO FLIGHT
4.Telecastic fake show
5.nakano kill you
6.感覚UFO

|

弐の湯:bonobos

Otodama08_004

セットリスト

1.THANK YOU FOR THE MUSIC
2.ファンタスキッス
3.あの言葉、あの光
4.Standing There~いま、そこに行くよ~
5.Someway

|

壱の湯:フラワーカンパニーズ

Otodama08_003

セットリスト

1.最高の夏
2.ロックンロール・スターダスト
3.この胸の中だけ
4.深夜高速
5.馬鹿の最高
6.真冬の盆踊り

|

入浴宣言:代打屋中川

Otodama08_002

今年の入浴宣言者は「代打屋中川」
ノックをされたボールをキャッチした方に、出演者からのメッセージ色紙をプレゼント!!

|

風呂ントアクト:おとぎ話

Otodama08_001

セットリスト

1.SMILE
2.ネオンBOYS
3.KIDS
4.FESTIVAL Express
5.FUN CLUB

|

いい湯加減

暑いです!

晴天に恵まれ、いい湯加減です~!!!

ちょっと暑いので体調に気をつけてください。

FM802さんが実況中継してくれてます!

こちらもチェック→FM802 ROCK THE SUMMER

|

2008年9月 6日 (土)

いよいよ明日!

 仕込み終了しました。

 今回は、間に合わなかったことも幾つかありましたが、今の時点ではなんとかかんとか準備万端になりました。

  天気も明日は晴れ!暑すぎない、絶好の野外日和になりそうです。

 PAの音も、夕焼けも、トンボも、フェニックスは最高の状態です。

 お気をつけて、お越しください!

 無理なく過ごして頂いて、1日皆さんとアーティストの方々と今年最高の思い出ができますように。

 では、フェニックスでお待ちしております。

(番台)

|

着々準備

準備着々と進んでおります。

Img_2370 

がんばれイントレ

Img_2375_2

がんばれ足拭きマット!

舞台はいつもキレイに

Img_2373_2

がんばれボランティアスタッフ!

や、既に頑張ってくれてます!

Img_2391_2

がんばれ本部!(自分含む)

Img_2395_2

頑張れサウンドチェックジャムバンド「はれビヨンド」!

夕暮れはやはり最高っす。

あ、↑スタッフです。仕事です。

Img_2400_2

がんばれ泉大津!フェニックス!

頑張れ天気! 晴れろ!

 

以上、フェニックスより桶洗いでした。

|

2008年9月 5日 (金)

準備2日目

 今日も仕込み。チラシ組み、物販が続々と到着、ステージのPA仕込みetc・・・着々と進みました。今日から男湯も参加。本部が二人になりました。一番末っ子の桶洗い君はと言えば・・・滋賀ライブ終わりのカエラちゃんと京都観光。。。しばく!(ウソウソ、これも仕事ね、仕事)

 夕方前に夕立ち。昨日埋めて貰った客席最前がまたしても水溜りに(泣き)ポンプでまたしても吸水作業・・・・明日もやって、明後日には何とかしないと。。。。そして、現在の天気予報は「曇り一時雨」・・・話し違うやん!聞いてへんしー!

 今のところ雨具の用意は必要かと・・・足元も対策もお願いします。明日の天気予報次第ですけれど。備えあれば、楽しさも変わります。

 ちなみに少し北の堺市は90mm/h以上の記録的な豪雨だったらしいです。でもフェニックスは、15分くらいの豪雨で夕方には晴れました。。。泉州の天気は地域によってかなり変わるみたいですね。和義さんの時間帯に夕日は絶対見たい!神様信じないけど、明後日だけ信じますから~どーか僕らに太陽をください!

 その他情報は、梅田、難波行きのバスチケットが売り切れました。後は、シャトルか車になります。

 では、また随時。(番台)

  

 

 

|

2008年9月 4日 (木)

今日から準備!

 グリーンズさんからバトンを受けて、今日からOTODAMAの仕込みがはじまりました!しかし、桶洗い君はカエラちゃんの滋賀で現場。男湯は、打合せや移動のまとめで事務所中心の作業・・・僕一人です~。代表兼現場!企業っぽく言うと「代表取締役平社員」ってことでしょうか?いつになったら葉巻くわえてフカフカの革の椅子に座って秘書を雇えるんだろ~?

 まずは運営本部をイチから作るも・・・ネットのつなぎ方がまず分からず四苦八苦。ようやくつながり(つなげて貰い)部屋に色々連絡事項や図面を貼りだして・・・飽き性なので途中で辞める。メールチェックして802聞いてると、おっ・・・なんかOTODAMA特集ずっとやってくれてますね。有難いなぁ・・・、嬉しいんで中島ヒロトさんの番組BBSに書き込む、そしたら突っ込んで欲しいとこちゃんと突っ込んでくれましたぁ!さーせんねぇ、同じ年でツボ一緒ですね。現場的にもますます盛り上がりますね。

 会場は昨日の雨で客席最前が、おっきく水たまり・・・行政(会場管理)の方が長靴にポンプとスポンジで朝から水をせっせと抜いてくれてます。。。大変、申し訳ありませぬ。そこに砂も入れてくれて、お昼には水たまりが見事無くなりました~素晴らしい!しかし、明日の天気予報、夕方から雨・・・、アカンやん。。。せっかく修復してくれはったのに。。。また水たまるやん。。。アカンけど、日曜の天気予報が「曇り時々雨」から「曇り」に変わりました~!やったー!!僕、ちなみに晴れ男です。今まで、野外でひどい雨は一度もありません。オカルトですが、一応言っておきます。雨降らないです。

 直前情報としては、「お帰り梅田、難波直行バスチケット」はまもなく売り切れます。これは、バスの台数をもう決めてしまったのでそれ以上売れない為で、ご了承ください。よくある質問が「グレートのDJ見てからでも梅田、難波行きは乗れますか?」⇒乗れます。チケットの売れ枚数分、バスを用意してますから乗って頂けます。最後のバスだけ、先に乗った方を少しお待たせするかもしれませんが、最終的に乗りこぼしはありません。

 ひまわり広場(泉大津駅から徒歩10分弱のバス乗り場)と会場の往復バスチケットは当日券は売り続けます。荒業では、行きだけ4人で相乗りタクシー(フェニックスまでは¥1200程度)帰りシャトルバスという「行きだけ楽チンコース」もありますが、帰りの片道でもバス代は¥500なので、ちょっと割高です。ちなみにタクシーは駅東口の方が台数は多い気がします。(ひまわり広場と逆側)お買い物もダイエーはじめ、銀行、ファーストフードは東側がメインですので、お買い物があればそちらをご利用ください。

 駐車券も当日券出ます。こちらは出入りで若干(特に帰り)は込む場合もありますが、現状の予想ではお帰りのピークでも小1時間はかからないと思います。行きはそんなに混まないと過去のデータを検証しますに。帰りは、そーですね、グレートのDJご覧になって、ラジオ体操踊って帰って頂ければ丁度良いかもですね。

 あとは飲食も、さほど並ばなくて良い自信はあります!これは①店舗数が多い②チケットが売れてない、のどちらかが要因ですが本当のことを言うと主催者が"半泣き"になるので訊いてはいけません。天気が曇りだと余計混まないかもですね。いつも行列、車販売のマンゴーかき氷は混むでしょうけど・・・・RUSH BALLで食べたらやっぱンマかったなぁ。飲食の込み合いは時間にもよりますけどもね。

 「熱湯コマーシャル用」のお風呂が来ました。ぶっちゃけコレ用に「ビジョンが欲しい・・・」と、はじめて思いました。どっこ探しても、透明の浴槽ってないんですよね~・・・作るとアホみたいに高いし~・・・やっと探し当てたお風呂は、、、遠くの人は見えない!そして透明じゃないんです~・・・まぁ、そこはそれ、入る人がリカバーしてくれることに期待しましょう!むふふ。

 あ、そぉ、昨年までお越し頂いた方はご存知でしょうが、OTODAMAはビジョンがありませーん。理由は過去にもご説明しましたが初めての方に簡単に理由を申しますと①アーティストが良い演奏をしていたら前方に来てナマで見て頂きたい②前の方の人がビジョンがあるとステージ見ずになんか気持ち悪い③アーティストからすると、お客さんの集中力が伝わってきてやり易い(これは実際に出演者の方から聞いたお話し)④主催者にお金が無い⑤どこのTV局さんにもかまって貰えないので収録する必要が無い⑥「⑤」の反対に「TVでライブは伝わらない」と僕が個人的に思っている。などの理由です。賛否両論おありかと思いますが、僕はこの規模ではやはり「要らない」と思ってます。せっかくなんで腕組んでビジョン見るより、是非、皆さんの「熱」をナマでアーティストに届けて頂ければ嬉しいです。きっと、演奏してる方にもそれは伝わりますし、過去実際伝わっています!

 あとは、物販も9時~空く予定ですが、アーティストによっては時間差があるのでご了承ください。10時の時点ではほぼ空いてると思います。(後ろの出番のバンドは機材と一緒に物販積んでる場合もあるので、開店が遅くなるケースがあるのですね)オフィシャルグッズは、9時目標です。物販担当・男湯が博打に出た「女の子Tシャツ」は果たして売れるんだろーか・・・?

 あと公開出きるNGネタをひとつ。代打屋FUNKY3を紹介して貰う為にホンモノの代打屋・元阪神の川藤幸三さんに来て頂こうと、本日試みましたが・・・・広島市民球場で阪神戦がありNGでした~・・・残念。やはりブッキングは"タイミング"が全てですね。(番台)

 

 

|

2008年9月 3日 (水)

代打屋FUNKY3

 空いた枠の企画が決まりました。

 今回はあまりに急な出来事で・・・時間の無い中、幾つかの案を考えて・・・結果、RUSH BALLで圧倒的なライブを見せてくれて、OTODAMAのことも熟知してくれているスクービードゥーのメンバーに相談。残念ながら当日ボーカルのコヤマ君が別スケジュールでNGながら、「3人でもやります!」と言ってくれました!

 ボーカル不在でその「穴」は、どうするのか?メンバーと僕らで相談して、突貫工事で進行中です。

 まだ不確定ですが、でも、しかし・・・当日見て頂ければ必ずご満足頂ける内容になりそうです。個人的には「FUNKY3!OTODAMAセッション」と名付けたいくらい、「この日」「この場所」でしか見ることができないライブが繰り広げられると思います。

 スクービーは僕らが掲げるライブバンドの条件、「いつ」「どこで」「誰と」「誰に向けて」演奏しても抜群のライブが出きる域にマチガイなく達しています。

 どうかご期待ください。(番台) 代打屋の意気込み

*この企画に伴い、スパルタローカルズの順番が繰り上がりました。重ねてご了承ください

|

2008年9月 1日 (月)

ミドリ、キャンセルのお詫び

 一週間前に残念なお知らせとお詫びをさせて頂きます。

 露天風呂に出演予定でしたミドリが、キャンセルになりました。楽しみにして頂いた方々、本当に申し訳ありません。

 僕達も楽しみにしていたのは同じで・・・言葉に出来ないくらい残念です。

 後藤さん(ボーカル&ギター)も、故郷の泉大津でライブするのを楽しみにしていたので残念に思っていると思います。

 お詫びの言葉しか出てきませんが・・・僕らに今後出来ることは、来年以降より良い形でこのイベントに出演して頂けるように。また今回ご期待頂いたお客様には、その時に今回の分も含めてお返し出きるように。この気持ちを忘れずに精進したいと思います。

 皆さんに納得して頂けるミドリの変わりのバンドはありません。その中で今の僕らにできることは、残された時間で出きる限りのブッキングに最善をつくしたいと思います。変わりのバンドは居ませんが、このイベントらしい企画を考えたいと思います。

 何卒ご了承頂ければと思います。

 本当にごめんなさい。

清水音泉代表 清水 

 

|

« 2008年8月 | トップページ | 2009年4月 »