« ヤングライオン その② | トップページ | 本日、FM802でOTODAMA’10チケット先行! »

2010年6月18日 (金)

ヤングライオン その③

 ということで鼻血出しながらキノコホテル。担当がライオンのかぶりものを持ってきた男湯なので自分は初見でした。う~ん、とてもイイ!R&Rにそろいの衣装、各々成りきった配役、これぞエンタテイメント!プロレスが「ガチ」と「エンタメ」で成り立ってるように、ロックバンドもまた然りなのであります。夢見させてくれる30分、雨でグショグショに濡れたステージを転がるVo.マリアンヌ嬢に鼻血が止まらないのでありました。アホです!サイコーです。マリアンヌ嬢のブログもアホなんで是非チェックしてやってください。キノコちゃん、日本のロックシーンに一石投じてくれるかもしんない噂に違わぬ女子ライオンでした。

 そしてザ・ビートモーターズ。演奏力、曲のバリエーション、歌詞、ボーカル秋葉君のカリスマ性(?)、どこをとっても最近「押したい」バンドのひとつ。笑ったのが本番前に「水かぶってステージ出たいんですけど」との相談。「何のために???」と思ったら「水かぶってお客さんとフラットな条件になりたい」とのこと。アホか!いや、そのムダな心意気、決して嫌いじゃないよ。若干キノコホテル、マリアンヌ嬢に先を越された感もありながらスタンバイの時点で用意されたバケツ4杯・・・アタマからかぶってステージに向かったのですが、お客さんに届いたのかなぁ・・・ステージでかぶればもっと伝わったかもしんない。カリスマ秋葉君「素晴らしいね」のシャウトで音量規制ひっかかりまくりです。笑っちゃうくらい音が下がりました。。。。ってか笑うしかない。「チキショウ、こんなもんじゃないのになぁ」と、悔しさも残るも最終的には「気合い」「曲の良さ」「秋葉君のオモシロさ」は伝わったのではないでしょうか?貫禄さえ感じました。でも、でもね・・・もっと気持ちイーグルーブがあるんですこのバンドは・・・音量規制ある中でブックした僕が全部悪いのです。全て僕の責任なので、次どっかで絶対見てやって欲しいのでした。

 体が冷え切った中で、トリのa flood of circle。去年メンバーが一人失踪し紆余曲折ありながら、「やるしかないのダ」と一念発起。その勢いのまま、今年のはじめにファンダンゴ売り切って、僕ら的にも今年期待したいバンド!なのでトリです。やっぱ最後は「ガチ」で終わりたい。この緊張感と一本一本「死ぬ気」でやってきた、正にライブバンドと言えるトリに相応しい内容だったかと。こんな蒼いかもしんないけど「直球」しか投げれないバンドも大好きなのでした。オトコでもafocは惚れます。9月4日も超期待してます。

 ということで、半ば強引にイベント終了・・・・。最初に書きましたがこんな日にやってしまった「反省」が大半なのと、「あん時こんなイベントやっときゃ良かった」という後悔は無い気持ちが少しだけ残る、複雑な気分。お客さんと出演者の皆さんに土下座したい気持ち。そんな中、出演者の皆さんはお世辞抜きにみんな良いライブをしてくれたと本気で思います。これも一生かけて返さなきゃならないので、また今日から頑張らねばと思う次第です。なんかいつでもこの繰り返しでまたずっと続くので、この仕事は辞めたくないけど辞めたくても辞めれないのでした。

 あとお客さん。この天候では無理もなく、チケット代も千円なので来なかった方も結構いらっしゃいまして、あいにくの雨にあいにくの入りでしたが。途中参加の方も、途中で帰った方も、最後まで残って頂けた方も、こんな日に本当にありがとうございました。最後にステージでも言いましたが、このご恩は皆さんにも別の形でお返しできるように「楽しんでもらえる何か」をいろいろ考えたいと思います。

 大西ライオンの「心配ないさ~」が今回のイベントキャッチでしたが「心配だらけ」の1日になっちゃいまして、改めて「野外」のメリット・デメリットを痛感させられた次第です。スタッフ一同、これを糧に精進しますので引き続き宜しくお願い致します。ありがとうございました。                      音泉番台 

                                                                                                                                                                                         

|

« ヤングライオン その② | トップページ | 本日、FM802でOTODAMA’10チケット先行! »