« もう10日前になってしまった・・・・ | トップページ | 1368段のマーチ »

2010年8月26日 (木)

愛はオトダマを救える。。。のか?

  今日は久々にLIVEもプロモーションしてるアーティストさんも居なくて落ち着いて仕事が出来ました、の番台です。

 夕方、新たに情報更新しました。

 まず民生さんが、長田さん&バインちゃんにゲスト参加してくれます。この後リハする模様で、まだ詳しくは分からないですが基本ギターで数曲参加してくれそうです。

 そして「熱湯コマーシャル」は、うちの大晦日のイベント「年越し音泉~謹賀魂~(略して)KINDAMA」(DがTではないのがミソ)の宣伝で、フラカン鈴木君と竹安君に少し演奏して貰います。なんか蓋開けてみますと、結局レギュラー組(大木兄弟、フラカン、民生さん)がお越し頂けることになって、とっても嬉しい主催者が居ます。ホント幸せもん。

 他、テント関係の発表とかRGさんと偶然ツィッター上で決まった「あるあるテント」(宴会場テント)とか、グレートマエカワもテントで遊び、他もろもろ。おおむね小ネタ(笑)ですが、なんかみんないろいろやってくれるということなのでお客さんが楽しむ要素が増えるなら嬉しいなと。

そして皆さん的には一番どーーーーーでもいいでしょうが、個人的には「シングルマンの32,195kmマラソン"愛はおとだまを救う"」(だっけ?)が気になります!(以下どうでもいいことなのでお時間あればお読みください)

 それは、7月上旬のこと。シングルマン(シャングリラ店長、僕とおない年、いちおお互い数少ない友達)が「おれ・・・走るわ」と言い出した。「なんのこっちゃ?走ってどうすんの??何のために???アホちゃうか!」と思っていたのです。開場と同時にシャングリラを出発して、フェニックスまで走るらしいのです。ほんま何を考えてるのやら・・・と思っていたのです。そんなのムリムリ~!と。

 なんか分かんないですけどシングルマンは「なにかしたかったんだ」と直前になって思いました。今年シャングリラが5周年記念を迎え、OTODAMAに毎年参加してくれて手伝ってくれて、ヤツは「自分も人の為、お客さんとアーティストの為に何かしたい」と多分思って、6月にシャングリラを飛び出して大阪城野音で5周年イベントをやりました。大好きなチャボさんや、盟友のソウルフラワー、SAKEROCK他、シャングリラに出てるアーティストを呼んで大成功。お客さんも出演者もみんなが幸せな稀に見る良いイベントになったのでした。チャボさんの演奏中、ステージ袖でシングルマンが号泣してるの見て、友達ながら「40こえてこんなに泣けて笑えるって、なんて幸せなんだろう」と思いました。(キモイので本人には言ってない)

 そんなことがあって「俺走るわ」発言。音楽と酒とタバコと不摂生な毎日、運動なんて無縁の生活。それもこの炎天下で30キロも走るなんて、自殺行為のムチャクチャな話しなんですが。途中「南海電車」で切符買ったり、ひょっとして「タクシー」使ったりするかもしれませんが(じゃないとおかしい・笑)なんにせよ限界までヤツは走ると思うのです。限界で会場に入ってきて一周してみんなで「サライ」歌いながらライブハウステント前でテープカット・・・・なんかそんなことがもし起こったら・・・ひょっとして・・・ヤだけど・・・ちょっと感動してしまうかもしれない。泣いたらどうしよう。意味分からなくても、極限まで何かをやろうとする人間見たら感動することってありますよね?自分でも気持ち悪いですが、いや~なんかね。こんないい話し(なのか?)が、あちらこちらで起こるかもしれない9月4日。もう僕らも楽しみでしょうがないのです。

ライブハウステントを仕切ってくれるKYOTO MUSEユキサダ君のブログ→http://kyotomuse.exblog.jp/11187334/

|

« もう10日前になってしまった・・・・ | トップページ | 1368段のマーチ »