« なんとチケットが・・・ | トップページ | ガイドライン~開演まで~ »

2010年9月 1日 (水)

チケット完売の心境

 ということでフェニックスから会社に帰ってきましたの番台です。

先ほど書きましたが皆さんのおかげでチケットが売り切れました。本当にありがとうございます。知り合いから「おめでとう!」「良かったね!」というメールや電話をたくさん頂きました。オリンピックで入賞した人や、ワールドカップで勝利した選手ってこんな感じなのかしら?って思うくらい。(予想だにしてなかったのでHPでその告知が未だ出来ていません・・・てか担当がどっか行っちゃいまして。平田君、どこいったんだよー!捜索願い中)

 このブログで以前「チケット即日完売すると当日まで宣伝する楽しみが無くなるので、直前で売り切れるのが理想」みたいなことを書きましたが、、、、ホントにその通りになっちゃいまして、僕らの希望を図って頂いた絶妙なお客さんに感謝感謝です。(3年前に「売り切れないフェスってあるんだ~」と言ったCoccoちゃんにも少し自慢出来る!嬉)

 果たして「売り切れってどんくらいの設定なの?」とやきもきしてる方もいらっしゃると思います。野外は椅子がある訳ではないですから「売り切れのキャパ設定」ってのは主催者によって違います。隠すの面倒なんで、実際フェニックスは過去最高2万5千人まで前例があります。そして今回は1万5千です。僕らの過去最高は1万1千人(だいたい毎年9000からそのあいだ)。と、お伝えすれば何度かお越し頂いた方は少しお察しがつくかもしれません。毎回、お客さんが演出してくれる「ユルい」雰囲気をギリギリ保てる人数がこの数字かと思い、この設定にしています。でも、まさか売り切れるなんて思ってなかったのでとても嬉しいです。

 「売れれば勝ちか?」と言われると全くそうは思いませんが、「売れないと負け」なのも事実です。バンドも関わる僕らも「続けること」ができなくなってしまいますし、いやこれは誰しもにも当てはまることかもしれません。いつも思うのは「勝つ」にせよ「負ける」にせよ「良い勝ち方(負け方)」が出来ればいいなと思います。卑怯な手を使って勝っても嬉しくないし、例え負けても納得のいく負け方をしたいと思います。勝負に例えるのもどうかと思いますが、今回の売り切れはなんか音泉作って7年、やってきたことが間違ってなかったのかなぁ、と少しだけ自信になりました。

 もちろん売り切れたのは「アーティストの皆さんのバリュー」「広めて頂けたメディアの皆さん」「応援して頂けた関係者の皆さん」「チケット買って頂けたお客さん」のおかげ。大半、どころか9割以上はそんな方々のおかげだと思います。だから、ほんの少しだけ、1割に満たないくらいですけど、このままアホなスタイルでこの生業で続けさせて貰っても良いのかと思わされました。「お金が残る・残らない」なんてことは、キレイごとですが二の次だと思います(赤字はとてもヤだけど)。それより大事なことを、この「完売」で頂けたと思って。その意味で本当に嬉しく、感謝しています。

 そんな過去無かった喜ばしい状況の中、チケットお持ちの方にまたまたお願いです。そんなことで、数割ですがいつもより人が多いです。共有部分「シートエリア」「ひよけエリア」等は少しでもたくさんのお客様がご利用できますよう、ご配慮頂けると幸いです。こんなことわざわざ書かずとも「人は一人では生きれない」ということを音楽を通じて、知っている皆さんは自然に「譲り合いの精神」を持ち合わせているのでダイジョウブだと思うのですが、正直数字的には「未知の境地」で不安な僕らが居ます。イベントが良いものになりますよう、ご協力頂けると幸いです。僕らも出来る限り頑張ります。

 今日フェニックスの夕日は絶するキレイさでした。風が吹いてそれは涼しくて、とーーっても気持ち良かった。ここに3日後に繰り広げられることをと想像し・・・、年甲斐もなくセンチになっていたら、風がビュンビュン吹き出して・汗。「当日こんなに風吹いたら音流れまくって最悪やん・・・」と現実に。天気予報は晴れですが、適度な風が1日吹くことと、今日以上の絶品な夕焼けが見れますように!

|

« なんとチケットが・・・ | トップページ | ガイドライン~開演まで~ »