« 今ごろ出演者紹介~前半~ | トップページ | フェニックスの今 »

2010年9月 3日 (金)

出演者紹介~後半~

  ⑨POLYSICS

 感動のカヨちゃん最後の武道館からまさかの再始動!西日本1発目のLIVE-DEATH!武道館のライブがホント涙もので、いつもライブハウスでやってる最強のライブが武道館でまんまやれてたことに感動、凛としたカヨちゃんの潔さにも逆に涙もののライブなのでした。さすがにしばらく休止かぁ・・・と思っていたら、なんと「OTODAMAorDIE!」との嬉しいオファー!喜んでお願いしました。3人で果たしてどんなステージになるのか?新生POLYSICS!楽しみでしょーがないっすぅ。

⑩毛皮のマリーズ

 これもBAWDIESに続く、日本のロック救世主と期待してるバンド、待望の初出場です。ボーカルの志摩君が「万人に向けて」開かれたライブをやるようになってからの成長ぶりは目をみはるものがあります。各アーティストから事前に頂く意気込み(的な)色紙にも、志摩君はちょっと考えて「僕らが一番ステキ」と大胆なひとこと。いや、でもこれくらいの気概がないとのし上っていけない、全てを引き受ける男気は◎。あ、因みに彼らは和歌山のバンドなのでミドリと同じく泉大津はHOMEです。メンバーも気合入ってると思いますので良いパフォーマンスであれば、最大級の賛辞でお応えください!

 ⑪THE BACK HORN

 毎年「出たい」と言ってくれるとっても嬉しいOTODAMAレギュラーバンド。去年は3年連続は出れないルールで、惜しくもお断りしてしまったのですが(松田君はパンフのコメントで参加)、相思相愛(?)2年ぶり4度目の出場です!この時間帯から夕暮れが近づき会場の雰囲気が変わってきます。そのシチュエーションと「1本1本のLIVEに全てを捧げる」4人の気持ちと演奏が心に刺ささって、感涙必至。

 ⑫Cocco

 3年ぶり2回目の出場。「なんで大浴場じゃないの?」と思われるでしょうが、理由は簡単。「ナイ」と思っていたあら「アリ」になっちゃって、そん時には大浴場の浴槽がいっぱいだったのでした。でもCoccoちゃんが出てくれるなら何とかしたい・・・浴槽広げて露天風呂決定!関西でも久々のLIVEになるので、言葉に出来ない嬉しさがあります。どんな感動を届けてくれるのか・・・・ここ時間も感涙必至。

 ⑬MONGOL800

 Coccoちゃんを受けて沖縄の風が続きます。デビューから10年、昨年からはとうとう自分達主催のフェスを地元沖縄で開催し、大成功を収めるほどになりました。僕も見に行きましたが最強にユルくてアツイ!沖縄でしかあり得ないフェスに。その恩恵に預かりたくお誘いしました。その純潔な姿勢はデビューから全く変わらず、まっすぐなLIVEで大浴場のラス前を飾って貰います。

 ⑭怒髪天

 念願の初出場です!増子兄さんからも「ずっと出たかったイベントなのダ」と言って頂けて、感無量。事実上、露天のトリは怒髪天。そしてBEAT CRUSADERSにつないで頂けるのは、兄貴達しか居ない!と思いましてこの場所でお願いしました。こっから打上げまで、アニィ!宜しくお願いします!!!

 ⑮BEAT CRUSADERS

 前日になって、もう何も言葉に出来ないですが・・・言いたいことはこのブログ6月6日付で以前書きましたのでそちらをご覧ください。http://otodama-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/index.html悔いなきようみんなで送り出したいと思います。散開に際して、そこに頼らないよう「誇張しないように取り組んできたのですが、順番に関しては、やっぱり「トリ」以外は考えがたく。。。。しかし、演奏後のことを考えると感傷的になり過ぎるのも容易に想像できる。。。アホなりに考えた結果、結成23年(途中ちょっとブランクあり)のTheピーズ先生にお願いしようと思いました。終わるバンドのすぐ後に続けるバンドがいつも通りのライブをやることこに、何らかの感情が生まれるのではないかと。そして皆さんが「上」を見て帰路につけますように、勝手ながら願いを込めました。

 そして天才大木兄弟の相方、ドアタマにTOMOVSKY先生、熱湯CMにフラカンの二人。レギュラーチームにも花をそえて頂き、以上「音泉的ロック日本代表」の最強メンバーがお送りする今年のOTODAMA!開演までいよいよまもなくです!(番台) 

 

 

|

« 今ごろ出演者紹介~前半~ | トップページ | フェニックスの今 »